毛じらみ症

MENU

激しい痒みを伴う毛じらみ症

 

 

性感染症の1つ「毛じらみ症」。潜伏期間は1〜2か月。
夜も眠れないほど激しい痒みに襲われるため、気付かない・・・ということは少ないようです。

 

ケジラミは吸血性昆虫であるシラミの一種で、人間の陰毛に寄生して血を吸います。
体長は約1.5ミリ程度ですが、肉眼で確認することが可能です。
同種類では、少し前に話題になった「アタマジラミ」などが挙げられます。アタマジラミは性感染症ではありませんが。

 

ここで1つ疑問に思う点があるかも知れません。
毛じらみは性病なのか・・・という点です。
なぜなら、毛じらみの原因は昆虫であるからです。

 

また、先ほどは書きませんでしたが、毛じらみに感染する個所は「陰毛」だけではなく、「毛髪」「わき毛」「胸毛」「肛門周囲」「すね毛」などにも感染します。
「肛門周囲も?」と思われるかもしれませんが、男性は大抵肛門周辺に毛が生えており、女性の方も男性ほど多くはありませんが、生えている方がいらっしゃいます。
毛じらみは、毛が生えてる場所に感染します。

 

さて、先ほどの疑問点に戻りますが、ここまで読んでいただけたら、やっぱり性病に扱われるのが疑問に思いますよね?
実はケジラミは性行為によっての感染が一番多いんです。
性行為中はお互いの陰毛が直接接触するので、ケジラミが簡単に移動できてしまうため、感染率が高い・・・ということです。

 

もちろん、間接的にも感染することがあり、感染者が利用したタオルやシーツなどには注意が必要です・・・と言っても、感染者が自覚していなければわかりませんが。
他にも極々稀ですが、温泉などでも感染することがあるようです。

 

以上のことを踏まえて考えると、性行為による直接的な感染が多いことから、性感染症に扱われているのだと思います。

 

【男性の症状】

・激しい痒み

 

【女性の症状】

・激しい痒み

 

など

 

上記のような症状が一般的とされています。

 

他の性病とは異なり、性病検査では検出することはできません。
症状が出てからの治療が一般的ですが、症状が出る前にケジラミを発見できれば、病院で検査することが可能となります。

 

※毛じらみ症は、通常の性病とは異なるため、コンドームでは予防できません。
また、現在のところ有効な予防策はありません。

 

■唯一の対策
ケジラミは人間の目で目視することができますので、性行為をする前に相手の陰毛をしっかりと見れば予防することができますが、実際問題まず無理だと思います。

 

ですから、症状が出たらすぐに病院で検査して、パートナーに感染させないように対処しましょう。

 

ただ、毛じらみ症は病院に行かなくても治療できるので、詳しくは下記の治療方法をご覧ください。

検査方法

毛じらみ症の検査方法について紹介したいと思います。

 

男性女性ともに、陰毛部の成虫を確認することだけです。
医師によっては、ケジラミの卵を確認するために、陰毛を抜くこともありますが、怖い検査などはありませんので、安心してくださいね。

治療方法

毛じらみ症の治療方法ですが、大きく分けて2つあり、
1つ目は「陰毛を全て剃ること」
2つ目は「シラミ治療薬を使うこと」
となります。

 

一番確実に治す方法は、1つ目の感染部位の陰毛を全て剃ることです。
ケジラミは陰毛に卵を産み孵化するため、それをできないようにすることと、成虫が生息できないようにするためです。
あと、一番お金がかからず手っ取り早いです(ただし、陰毛のみに感染している場合に限る)。

 

2つ目ですが、陰毛を剃ることに躊躇いがある場合、シラミ治療薬専用(陰毛部以外も使用可能)のシャンプーやパウダーを利用して治すことができます。
シラミ専用のシャンプーなどは、一般のドラッグストアで販売されていますので、わからない場合は、薬剤師に聞いてみてください。

 

このシラミ治療薬ですが、1回の使用で治ることはなく、3日に1回陰毛部に使用する必要があり、2週間ほどの期間が必要になります。
分けて使用する理由ですが、既存の成虫を退治することと、シラミの卵が1週間前後で孵化するため、それを処理するためです。

 

ケジラミは、タオルや毛布などに付着して、家族やパートナーなどにも感染する可能性があるので、異変を感じた場合は、家族やパートナーに同じタオルを使わないようにさせてください。

 

また、この性病は陰毛部にのみ感染すると勘違いされている方が多いのですが、この毛じらみは眉毛や足・頭皮・お尻など、毛のあるところに感染します。
そのため、自身が感染した場合、他の箇所に感染しないように注意する必要があります。

 

2次感染・3次感染を起こさないためにも、異変を感じたら自身で調べることができる性病なので、もし毛じらみがいたらすぐに治療してくださいね。