MENU

治療しているのに症状が改善されない尿道炎

現在何かしらの症状(排尿通・灼熱・かゆみ)を感じ、病院やクリニックに治療されている。
でも一向に尿道炎(性行為による)が良くならない・・・

 

このような悩みを抱えていませんか?

 

病院やクリニックでは、尿検査が一般的で、クラミジア淋病を調べることが出来ます。

 

性病の多くはクラミジアと淋病であることは間違いありません。
これは風俗に限ったことではなく、一般の素人でも同じことが言えます。

 

特に若い世代の感染が深刻で、10〜20代を中心に猛威を振るっています。
現に日本の女性高生の13%近くが感染しているそうで、1クラス30人(男性15:女性15)だと仮定した場合、クラスで1〜2人が感染してる計算になります。

 

ですから、排尿通やおりものの変化・かゆみなどの症状を感じれば、高い確立で淋病かクラミジアに感染していると推測されます。

 

抗生物質を飲んでも改善されない

 

クラミジアや淋病は耐性を持ったものが増えたため、治療に時間がかかるようになりました。
そのため、この間はなかなか症状が改善されないことこはよくあることです。

 

ですが、そもそも治療方法が間違っていることも多いのです。

 

現に抗生物質を飲んで治療しているにも関わらず、全く改善されてない場合、飲まれている抗生物質がクラミジアや淋病に効果がないのか、それとも別の細菌が原因で効果がない可能性があります。

 

実は日本の性病治療は海外よりも遅れており、検査する項目はクラミジアと淋病のみです。

 

たしかに尿道炎になるとこの2つに感染している可能性は高いため、この尿検査は大事です。
ですが、その症状の原因はこの2つだけではありません。

 

それが「マイコプラズマ」と「ウレアプラズマ」です。

 

欧米ではこの2つも性病に区分され、検査対象に入っています。
ですが、日本では含まれていません。

 

性行為による尿道炎の原因はクラミジア・淋病に加え、マイコプラズマ・ウレアプラズマであるとされているので、本来であれば同時に調べる必要があります。

 

しかし、日本では最初からマイコプラズマ・ウレアプラズマを調べてくれるところは圧倒的に少なく、調べるのであれば最初から検査してくれる病院を探す必要があります。

 

同時感染も普通にある

 

淋病とクラミジアに同時に感染した・・・

 

このような経験をされた方も多いため、クラミジアと淋病を同時に感染する可能性があることをご存知の方は多いかもしれません。

 

それと同じように、クラミジアとマイコプラズマ・淋病とマイコプラズマというように、同時感染していることも、実は珍しくありません。

 

ですが、日本ではクラミジアか淋病の検査が一般的なので、尿検査で引っかからない場合は、それ以外の細菌として振り分けて判断します。

 

クラミジアや淋病に感染し抗生剤で治ったにも関わらず、症状がなかなか改善されない場合、もしかするとマイコプラズマやウレアプラズマに感染している可能性も十分に考えられます。

 

症状もクラミジアと同じような症状なので、区別することも非常に難しく、きちんと検査することが大事です。

 

もし尿道炎が治らなくて悩まれているのであれば、一度この2つの検査をされてみてはいかがでしょうか。

 

近くで検査してくれるクリニックや病院がない場合、下記の性病検査キットで検査することができます。
性病検査キットでもマイコプラズマやウレアプラズマを検査できるところは非常に少ないのでオススメです。

 

▼マイコプラズマ・ウレアプラズマ検査▼