匿名性病検査キット!HIV・クラミジア・淋病など自宅で検査

MENU

プロフィール

皆さん、初めまして!
この「匿名性病検査キット!HIV・クラミジア・淋病など自宅で検査」を運営している田中と申します。
よろしくお願いいたします。

 

趣味は嫁と一緒にするテニスで、まだまだヘタッピですが、楽しく週に1回頑張っております。
他にも色々と趣味がありますが、結構アウトドア派で、外で何かするのが好きです。

 

さて、私がこのサイトを作ったきかっけなのですが、それは私自身が性病になったことがあるからです。
その性病を貰ったのが「風俗」でした。

 

おそらく、これだけを見れば自業自得だと思われる方が多いでしょう。
ですが、当時の私は女性恐怖症であり、女性とまともにしゃべることができない状態でした。

 

きっかけは、小学校高学年から女子に言われ始めた「ブサイク」という言葉から。
最初はあまり気にしていませんでしたが、中学になるとそれがよりひどくなり、高校になってからは高校だけではなく、アルバイト先でも言われるようになりました。
しかも高校生の時期は思春期真っ只中ですので、ニキビなどもよくできていました。
それも加わり「ブサイク」「ブサイクでニキビとか最悪!」「人間の顔じゃない!」とよく言われていました。

 

また、通学途中でも全く知らない女子高生に指を差されて笑われたことも多々ありましたし、信頼していた人からも陰でこっそり言われているのを目撃してしまい、女性というものが全く信じられない状態でした。

 

この時が一番精神的にきつく、親に何度も「整形したい!」と相談した時期がありました。
整形するためにバイトの時間を増やしましたし、本当に必要なもの以外は買わないように我慢しました。
※余談ですが、思っている以上に当時は整形の金額が高すぎたため、金額が足りず結局は整形はしていません(今はプチ整形とかありますけどね)。

 

大学に入っても高校ほどは言われませんでしたが、まだ言われる傾向があり、24歳ごろまでは結構精神的にきつい毎日でした。

 

そして32歳の社会人10年目を迎えた時に、先輩から風俗を誘われ、初めて風俗に行きました。
理由は「一生彼女ができない」と思っていたからです。

 

初めて行った風俗ですが、あまりにも女性が怖かったため、簡単な日常会話しかせず、何もありませんでした。
ところが、お金を払っているから当たり前かもしれませんが、すごく優しく接してくれたんです。

 

そこから少し安心感が出たのか、先輩と月に2回は風俗に通うようになりました。

 

半年くらい経った後、風俗は自分一人でも行くようになり、最高で1か月で15回通ったりしました。

 

それからさらに2か月ほど過ぎたあたりから、排尿をすると激痛が!
すぐに「淋病」だと思いました。
風俗に行っているわけですから、ある程度は覚悟をしていましたが、実際に体験すると本当に「痛い!」
トイレに行くのが嫌になるとネットで書かれていたのがよく理解できました。

 

すぐに病院に行って治してもらいましたが、それからは風俗には行っていません。
先輩のお誘いも、全て断っています。

 

ただ、風俗に行ったおかげで、女性とも徐々に喋れるようになり、社内の女性とも日常会話などができるようになりました。

 

それから2年後、34歳にして人生初めての彼女ができました。
それが今の嫁さんです。

 

付き合ってすぐに性病検査(肝炎やHIV、のどの感染を含む)を受けて、性病に感染していないことを確認。

 

嫁さんには本当に今でも感謝しきりです。
こんな私を好きになってくれたのだから。

 

最後になりますが、皆さんが考えているほど、風俗は悪いものではないと私は思います。
それは私のような人も多く、過去にトラウマを抱えている人だってたくさんいるんです。

 

私は風俗に行ったおかげで女性と喋れるようになりましたし、今現在嫁ができたのもこれがきっかけです。
※嫁は元風俗嬢とかではありません。

 

ただし、風俗に行くからには「性病」は覚悟する必要があります。
風俗嬢は毎日何人もの方と性行為をするわけですから、性病に感染する可能性は非常に高いです。

 

性病は「クラミジア」「淋病」などであれば現代ではすぐに治すことができますが、それ以外にも性病は沢山あり、なかなか治りにくい性病もあります。
エイズなどはまだ完治することはできませんし、肝炎などもかかるとものすごく大変です。
また、同じ性病も何度も繰り返すと治りにくくなりますので、その点も頭に入れておく必要があります。

 

もし、風俗に行ったことがある方や、彼女・彼氏と別れた後、新しいパートナーができた場合、パートナーに性病を感染させないためにも、是非検査してみてください。
検査をすることで感染していなければすごく安心できますし、仮に感染していても早期発見で早く治療することができます。

 

性病は現代人なら誰にでもなる可能性がある病気です。
不安がある方は、恥ずかしがらずにまずは一歩踏み出してみてください。