性病検査 何科

MENU

性病検査をするなら何科に行けばいいの?

初めて性病検査する場合、何科で受診すればいいのか困っちゃいますよね。
私も初めてのときは全く分からなかったので、ネットで調べてどの科へ行けばいいのか調べましたから。
なのでどの科へ受診すればいいのか、紹介しますね。

 

まず咽喉の性病検査の場合、耳鼻科となります。
ある程度設備の整った耳鼻科でないと検査器具がない場合がありますので、その点には注意が必要です。
主に調べる性病項目は「淋病」「クラミジア」となります。
性病に感染している方との性行為「フェラチオ」や「クンニリングス」「ディープキス」により咽喉に感染します。
※唇が触れ合うキスの場合は感染しません。

 

次に恥部(性器)に関しての性病検査は、男性なら「泌尿器科」、女性なら「婦人科」となります。
こちらの調べられる項目としては、「クラミジア」「淋病」「トリコモナス」「カンジタ」「コンジローマ」「毛じらみ」などの一般的な性病検査となります。
また、こちらから言えば血液検査もしてくれますので、「HIV」の検査もすることができます。

 

余談となりますが、最近では内科でも尿検査・血液検査・咽喉の性病検査を行ってくれるところが増えていますので、一度電話で性病検査をできるか聞いてみるのもいいと思います。
ただし、検査できる項目が少なく、専門でもないので、特に女性の方は「婦人科」で受診されることをおすすめします。

 

最後に全ての項目を検査できるのが「性病科」となります。
本来であればこの「性病科」の受診をおすすめしているのですが、まだ数が少ないため、なかなか忙しくて受診することが難しい方も多いかと思います。
ですから、お近くで受診できるところを調べ、そこで検査されるのがいいかと思います。

 

※検査項目が増えるにつれて、検査金額も高くなります。
例えば、B型肝炎・C型肝炎の検査の場合、結構なお値段となります。
(B型肝炎、C型肝炎も性行為で感染します)

 

もう一つ踏み込んでお話しすると、HIV・淋病・クラミジアの検査は保健所で無料で行うことができます。
HIVの検査であれば、ほとんど毎日行われているのですが、「クラミジア」「淋病」の検査は頻繁には行われていないので、保健所のHPで調べる必要があります。

 

多くの検査項目を一度に調べたいのでしたら、「性病検査キット」はかなり割安となります。
検査は専門の機関で行われますので、安心して利用することができます。

 

検査キットについて興味がある方は、私が実際に使ったものをレビューしていますので、参考にしていただけたらと思います。

 

詳しくは⇒性病検査キットの中身紹介

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加