性病検査 血液検査

MENU

性病検査は血液検査でわかる?!

結論から言いますと、血液検査で全ての性病を調べることはできません。

 

確かに、性病検査をする際に、血液検査をすることもあります。
ですが、血液検査でわかる性病と言えば、「HIV」「梅毒」「B型肝炎」「C型肝炎」となります。

 

それ以外の性病に関しては、尿検査や膣検査、あとはお医者さんが直接見て判断するケースがほとんどです。

 

現在流行っている性病と言えば、「淋病」と「クラミジア」ですので、通常は尿検査・膣分泌検査が一般的です。

 

ただし、男性の淋病の場合、確実性を上げるために、尿道に綿棒より細いものを入れて、分泌物を採取することがあります。
大体2〜3cmほど入れますが、痛みを感じる人と感じない人がいます。
これはあくまでも病院で検査した場合ですので、性病検査キットの場合は尿道に綿棒を入れることはありません。
※病院に行っても、尿検査だけの場合も多いです。

 

性病の種類は多いですが、実際に感染する性病はそれほど多くありません。

 

ですが、淋病・クラミジアは非常に感染力が強いですし、HIVなども非常に怖いです。

 

もし不安を感じている場合、不安を解消するためにも、病院や性病検査キットで、検査することをおすすめします。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加