性病予防 コンドーム ローション

MENU

性病予防はやはりコンドーム!・・・とローション

 

 

お互いが性病に感染していなければ感染することはありません!
が、性病は目に見えるものではありませんので、一度でも性行為をしたことがある方は、検査をしてみなければわからないというのが現実です。
クラミジアや淋病は感染率が50%近くありますので、年齢層に関係なく性病は蔓延しています。

 

さて、そんな性病予防には何が一番いいのか。
先ほども書きましたが、一番はお互いが性病に感染していないこと。
パートナーができたらお互いに性病検査を受けて、感染していないことを確認することが最良です。

 

が、正直「パートナーに性病検査をしよう!」と面を向かって言える人はかなり少ないと思います。
もしかすると嫌われてしまうのではないかと思って、口に出して言えない人もいるでしょう。

 

となると、やはり避妊だけではなく、ある程度の性病予防に有効なのは「コンドーム」となります。
ただし、海外製は品質が悪いのであまりおすすめしません。

 

コンドームも万能ではないので、全ての性病を予防することはできません。

 

よく「コンドームをすれば性病にならない」なんて話を巷で聞きますが、あれは「嘘」なんですね。
私の場合、確か昔の雑誌か何かに書いてあって、それを信じていた時期があったのですが、皆さんはどうでしょうか。

 

現状では、全ての予防はできませんが、「クラミジア」や「淋病」「梅毒」を始め、「HIV」などもかなりの確率で防げますから、やはり最良の予防方法であることは間違いありません。

 

ただし、当サイトでは何度も書いていますが、「フェラチオ」「クンニリングス」の場合は効果がありません。
また、「ディープキス」などにも効果がありません。
あくまでも性器の予防方法ということになります。
(※コンドームを装着した後のフェラチオであれば効果はあります)

 

逆に効果がないのは、「性器ヘルペス」「尖圭コンジローマ」「毛じらみ」などです。

 

性器ヘルペスや尖圭コンジローマなどは、相手の性器を見ればすぐにわかると思いますので、強行して性行為しなければ感染することはないと思います。

 

毛じらみについては、性器ではなく毛についている性病になるため、コンドームでは防ぐことができません。

 

他に注意事項としては、「コンドームは性行為をする前からの着用が最も効果的である」とされています。
ですが、まだ何もしていない時からコンドームを装着するのは少し難しいと私は思います。
あまり気にしすぎると何もできないので、挿入前かフェラチオのときに着用すればいいのではないかと思います。

 

次にこれはよくわからないのですが、「ローション」を使うと性病予防になるという説もあります。
海外の研究結果か何かだったと思いますが、そういう報告が紹介されていました。

 

ただし、こちらは嘘か本当かわからないので、頭の端っこにでも覚えておいていただけたらと思います。

 

仮にこの「ローション」が予防に有効である場合、コンドーム+ローションのコンビが現状では最大の性病予防になります。

 

が、コンドームの説明書には「ローションなどは使わないこと」と書かれています。
これはコンドームが外れてしまったり、破けやすくなってしまうことがあるためです。

 

ですが、アダルトビデオなどでは普通に利用されているので、それほど危険だとは思わないのですが、メーカー保証などもありませんので、この辺りは自己責任となります。