風俗 性感染対策

MENU

風俗店の性感染対策店舗なら安心!?

 

 

よく風俗店のHPに書かれている「性感染対策店舗」という表記。
この言葉があるとないとでは、全く信用性が異なります。
もちろん、この表記がある方が安心できますので、信用性は高くなる・・・ということは間違いありません。

 

ですから、性感染対策店舗であれば、安心して性行為ができるため「性病にはかからない!」、と思われるかもしれませんが、それは大間違いです!
事実、誤解されている方が結構いらっしゃいます。

 

性病には潜伏期間があります。
これはどんな高級風俗店に行こうが、変わりません。

 

考えても見てください。
風俗で働かれている方は、一日にどのくらいの方と性行為をしているのでしょうか。

 

仮にですが、1日1人だとしましょう。
それでも20日出勤すれば、1か月で20人の方と性行為したことになります。

 

つまり、この中の誰かが性病に感染していた場合、当然のことながら性病に感染する可能性があるわけです。
特にクラミジアや淋病は非常に感染率が高い性病です。
しかも、女性の場合、ほとんどの方が無症状であるため、本人が感染していることに気付かないところに、この性病の怖さがあります。

 

でも、そうなると一つ疑問が出てきますよね。
「性病検査しているじゃないか」、と。

 

確かに性病検査は行われていると思います。
ですが、先ほども書きましたが、潜伏期間が存在します。

 

つまり、その間はいくら性病検査をしたところで、検査結果に反映されません。
例えばですが、昨日感染して、今日性病検査した場合、結果は感染していない「陰性」と判断されます。

 

もうわかりますよね。
性感染対策をいくら行おうと、完全に防ぐことは不可能なんです!

 

余談ですが、ここから少し私が風俗に通っていた時に、風俗嬢に聞いた話です。

 

私は風俗店が本当に性病検査を行っているのか、兼ねてから疑問をもっていました。
もちろん、先ほどの「性感染対策店舗」のみの話ですけどね。

 

で、気になっていたので、指名した子に聞いてみました。

 

「性病検査って本当にするの?」って。

 

返ってきた答えは「していない子も結構いる」と言う言葉でした。

 

同じことを20人以上の女性に聞いていますので、これはまず間違いないと思います。
検査は強制ではないことや、性病に感染していた場合、治るまでお店で働けないという理由から、受けたくない子が多いのだとか。

 

性感染対策店舗に行く方が、全く検査をしない店舗に比べれば安全性は高い?とは思いますが、性病に感染しないというのは間違いになります。
ですから、風俗に行くからには「性病」に感染するリスクが、常に付きまとうということだけは覚えておいてくださいね。