性器 石鹸で洗うと痛い

MENU

石鹸で洗った際に、性器に痛みが出れば性病

 

 

この話がどこから広まったのかはわかりませんが、性病を判断する目安の1つに「石鹸で洗った際に、性器に痛みが出れば性病」という話があります。

 

実は風俗では多かった迷信なのですが、いまだに信じている方がいらっしゃいます。
もちろん、風俗を経営されている方にも、少なからずこの話を信じている方もいます。

 

性病(STD)には、クラミジアや淋病・HIV・肝炎・梅毒など色々ありますが、いずれも石鹸で洗ったくらいでは判断することはできません。
性器に傷があった場合も沁みたり痛みがあったりしますし、ただ石けんが皮膚に合っていないだけかもしれませんからね。

 

いずれにせよ、この話はデタラメです。

 

例えばですが、感染力の高いクラミジアや淋病に感染した場合、異常(尿をしたときに痛みや膿が出る)がなければ、ほとんどの方は感染していることに気が付きません。
もちろん、性病検査を定期的にされているなら話しは別ですが、お金がかかりますし、携帯電話のように身近に感じることがないので、自覚症状が出るまでは気づかないことがほとんどなんです。

 

本来は定期的に検査をすることが望ましいんですが、難しいでしょうね・・・。

 

これらを踏まえてですが、これが石けんで洗った時に痛みが出て性病だとわかるのであれば、これほどまでに性病が蔓延することはなかったと思います。

 

実際、私自身が淋病にかかった時も、性器を石けんで洗った際に全く痛みはなく、排尿時に激痛が走ったため、そこで初めて性病かもしれないと思ったわけです。

 

つまりです。

 

清潔にするという意味では非常に大切なのですが、性病かどうかを判断する目安にはなりません。