性病 潜伏期間

MENU

性病の潜伏期間と検査可能日

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

性病も風邪などと一緒で、症状が出てくるまでの潜伏期間が存在します。
潜伏期間中は何も感じませんが、期間が経過することで症状が出ます。

 

ただし、性病の場合、感染していても自覚症状が全くでないことがあり、クラミジアや淋病はその例です。
自覚症状が出ないからといって、それを放置してしまうと、将来「不妊症」などの原因になりますので、治療が必要となります。
※性病は自然と治ることはありません。

 

性病の潜伏期間一覧表

性病名 潜伏期間
クラミジア 3日〜2週間
淋病 2日〜7日間
梅毒 3週間〜3か月
トリコモナス 3日〜14日間
性器カンジダ症 2日〜7日間
B型肝炎 1か月〜2か月
HIV 1年〜10年
尖圭コンジローマ 3週間〜6か月
性器ヘルペス 2日〜10日間
毛じらみ 1か月〜2か月

 

ただし、上記の潜伏期間は専門書や医師によっても異なるため、多少のズレがあります。

 

次に、性病に感染してから正しく検査結果が反映される「検査可能日」を紹介します。

 

性病検査可能日の目安

性病 性行為後の検査可能目安
クラミジア 2日〜3日
淋病 2日〜3日
梅毒 1か月〜
トリコモナス 2日〜3日
性器カンジダ症 症状が出てから
B型肝炎 2か月後
HIV 3か月後
尖圭コンジローマ 症状が出てから
性器ヘルペス 症状が出てから

 

性行為後、上記の日数が経過後より、性病検査が反映されるようになります。
ある程度の菌が増えてからの方が、確実に結果に反映されるので、上記の日数よりも少し日にちを空ける方が確実かもしれません。
より詳しいことは、性病検査キットのHPか、病院の方でご確認ください。

 

ただし、HIVは1か月目でもある程度はわかるようですが、正確にきちんと結果が出るには、3か月必要となります。

 

プライバシー対策万全の在宅検査キット

個別の性病について軽く紹介

上記に性病の潜伏期間と検査が可能な日にちを紹介しました。

 

ここからは、個別の性病について軽く紹介したいと思います。

 

■クラミジア

 

性病の中でも感染率が非常に高い性病です。
性行為後、2日〜2週間程度の潜伏を経過後、ペニスや睾丸付近に違和感を感じます。
排尿痛やムズムズする違和感など、いくつかの症状があります。
ただし、半数の方は無症状で自覚がないことも多い病気です。

 

治療方法は抗生物質

 

淋病

 

こちらも性病の中で感染率が高い病気です。
性行為後、2日〜7日程度の潜伏後、症状が出ます。
淋病は排尿痛が多く、トイレで尿をするたびに痛みます。

 

治療方法は抗生物質

 

■梅毒

 

昔の病気と言われていた梅毒ですが、ここ最近増加している厄介な病気。
3週間〜3ヶ月の潜伏期間を経て、症状が出ます。
梅毒は段階があるため、初期の症状では気が付かないことが多いです。

 

治療方法は抗生物質

 

■性器カンジダ症

 

性病として扱われていますが、性行為がなくても発症する病気です。
カンジダは人間の常在菌なので、誰もが発症してもおかしくないのが特徴。

 

治療方法:男性は真菌薬(塗り薬):女性は膣洗浄と抗真菌剤の投与・飲み薬など
※女性の場合はドラッグストアや薬局でも薬が販売されています。

 

■尖圭コンジローマ

 

潜伏期間が長く、忘れた頃に症状が現われやすい病気です。
性器周辺や性器にイボのような症状がでます。
治療しても再発する可能性がある性病です。

 

治療方法は外科手術と薬剤治療(塗り薬)

 

■HIV

 

かつては死の病気と言われた怖い病気。
現在は薬を飲み続けることで、エイズに進行するのを抑えることができます。
エイズが発症する期間は個人差があるため、いつ発症するのかはわかりません。
性病検査ができるようになるには、性行為してから3ヶ月後となります。

 

治療方法:薬による治療(抗HIV療法)

 

プライバシー対策万全の在宅検査キット