性病 潜伏期間

MENU

性病の潜伏期間と検査可能日

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

性病も風邪などと一緒で、症状が出てくるまでの潜伏期間が存在します。
潜伏期間中は何も感じませんが、期間が経過することで症状が出ます。

 

ただし、性病の場合、感染していても自覚症状が全くでないことがあり、クラミジアや淋病はその例です。
自覚症状が出ないからといって、それを放置してしまうと、将来「不妊症」などの原因になりますので、治療が必要となります。
※性病は自然と治ることはありません。

 

性病の潜伏期間一覧表

性病名 潜伏期間
クラミジア 3日〜2週間
淋病 2日〜7日間
梅毒 3週間〜3か月
トリコモナス 3日〜14日間
性器カンジダ症 2日〜7日間
B型肝炎 1か月〜2か月
HIV 1年〜10年
尖圭コンジローマ 3週間〜6か月
性器ヘルペス 2日〜10日間
毛じらみ 1か月〜2か月

 

ただし、上記の潜伏期間は専門書や医師によっても異なるため、多少のズレがあります。

 

次に、性病に感染してから正しく検査結果が反映される「検査可能日」を紹介します。

 

性病検査可能日の目安

性病 性行為後の検査可能目安
クラミジア 2日〜3日
淋病 2日〜3日
梅毒 1か月〜
トリコモナス 2日〜3日
性器カンジダ症 症状が出てから
B型肝炎 2か月後
HIV 3か月後
尖圭コンジローマ 症状が出てから
性器ヘルペス 症状が出てから

 

性行為後、上記の日数が経過後より、性病検査が反映されるようになります。
ある程度の菌が増えてからの方が、確実に結果に反映されるので、上記の日数よりも少し日にちを空ける方が確実かもしれません。
より詳しいことは、性病検査キットのHPか、病院の方でご確認ください。

 

ただし、HIVは1か月目でもある程度はわかるようですが、正確にきちんと結果が出るには、3か月必要となります。

 

プライバシー対策万全の在宅検査キット