排尿 性病

MENU

排尿が性感染症の確率を下げる!?

 

 

トイレ

 

意外と思われる方も多いかもしれませんが、性行為後できるだけ早く排尿することで、性病の感染率を下げることができるという話があります。
一部の医師の話なので、話半分で読んでいただけたらと思います。

 

ちなみに、全ての性病が対象になるわけではないですが、クラミジアや淋病などはこれに含まれます。
※感染率は下がりますが、感染しないわけではありません。

 

注意点としては、これは男性が対象になっているということです。

 

なぜ男性なのかと言うと、クラミジアや淋病などの性病は男性の場合、尿道から菌が侵入していきます。

 

つまり、女性とは違い、男性の場合は尿道が・・・つまりペニスが長いので時間が少しかかるんです。
女性が対象とならないのは、即尿道であるということと、性行為が膣で行われるからです。

 

この性行為後の排尿ですが、推奨されているのは「できる限り早く」ということです。
体内に菌を保有する時間を減らすことで、感染する可能性が減るからです。

 

ただし、どのくらいの効果があるのかは個人差や体調によっても変わってきますし、感染率もどのくらい減らせるのかはわかりません。

 

クラミジアや淋病は1度の性行為で50%近く感染するといわれていますが、「排尿によって落ちた」のか、それとも「たまたま感染しなかった」のかを調べることができませんからね。

 

ただ、性行為後、すぐにトイレに行くのは難しいかもしれませんが、覚えておいて損はありませんし、難しいことではないので、やっておいて損はないと思います。

 

もちろん、パートナーのみとの安全な性行為であれば心配する必要はありませんので、気にする必要はないとは思いますが、風俗などに行かれる方は十分注意してくださいね。