中出し 妊娠

MENU

中出ししなければ妊娠しない!?

妊娠

 

今回は少し長くなりますので、最初に結論を書きますね。

 

「中出ししなくても妊娠する」というのが、答えです。

 

若い子は、精液が中に出なければ妊娠しないと思っている子が多いですが、それは大きな間違えです。
男性は「カウパー氏腺液」という、透明でネバネバしたものが出ます。
ガマン汁」と言えば、男性はわかりやすいかもしれませんね。

 

実は、これにも微量の精子が含まれており、生で性行為した場合、膣内で射精(中だし)をしなくても妊娠する可能性があります。

 

また、性行為中に中で出さないと思っていても、快楽に負けてしまい、そのまま中に出してしまうことがよくあります。
射精をコントロールするのは、簡単なことではありません。

 

ですから、妊娠を望まない場合は必ずコンドームを着けるようにしてください。

 

中だしは○○%!!避妊失敗率データ

 

ちなみにですが、避妊確率の失敗率について少し触れたいと思います。

 

  • 安全日に中だし⇒1〜25%
  • 膣外射精(外だし)⇒4〜18%
  • コンドームあり⇒2〜15%
  • 低用量ピル⇒0.3〜8%
※日本産婦人科学会編「低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン」より抜粋

 

という内容になっています。

 

が、これはあまりにもありえない数字だと私は感じています。
というのも、コンドームをして膣外射精と同じは絶対にありえないからです。

 

避妊用コンドーム

 

おそらくですが、これはコンドームの付け方を間違っているか、または生でエッチをして射精をする前にコンドームを装着するというパターンだと思います。
これだといくら避妊や性病予防に利用しても全く効果がありません。

 

 

コンドームは正しく使わないければ最大限の効果を発揮しません!


 

コンドームの付け間違えについてですが、これはコンドームは男性器の根元までしっかりと着けなければいけないのですが、中途半端に付けて途中で外れたり射精した時にゴムから精子が出てしまうというパターンです。

 

コンドームの正しい付け方

 

 

また、低用量ピルもそうなのですが、避妊失敗の確率が少し高すぎると私は思います。

 

海外でもっとも利用されている避妊薬ですし、ここまで確率が高いとは正直思えません。

 

おそらく、利用者の使い方が間違っている可能性が高いため、ここまで数値が高くなっているのかもしれませんね。

 

万が一避妊に失敗した場合は、コンドームが破れた・中だしされた場合の緊急避妊方法の記事で、全国のアフターピルを処方してくれる病院も紹介していますので、緊急の場合は参考にしてください。

 

コンドームが破れる原因

 

コンドーム

 

また「コンドームが破れた!」ということもありますが、実はコンドームはそんなちょっとやそっとのことでは破れません!
※日本のコンドームの場合

 

実はコンドームが破れる原因は2つです。

 

1つは使用期限を過ぎて劣化してしまっている場合です。
これは使用期限を守らなかったためにゴムが劣化してしまい、摩擦に耐えられず破れるというものです。

 

2つ目は女性の膣内が濡れていない場合です。
女性の膣内が濡れていないとゴムが摩擦に耐え切ず破れてしまいます。

 

ゴムが破ける原因の多くは、この2点がほとんどを占めています。

 

・使用期限による劣化
・摩擦に耐えらない

 

ですから、ゴムが破れるということは普通にセックスをしていればほぼないことなんです。

 

つまり、きちんとコンドームを付けての避妊は限りなく0%に近いので、安心してくださいね。

 

軽い気持ちが大変なことに!厚労省発表「10代の中絶手術数」

 

愛

 

さて、話を戻しますが、思春期の時期は、男性はよく「女の子とHがしたい!」という性欲に掻き立てられます。
私も思春期のときはそうでした。

 

ただし、男性だけではなく女性も性欲が出てくる時期です。
特に、近年は若い女性向けのティーン誌やネット・テレビでも、性の話がたくさん出てきますので、興味を持つ女性が増えたことも一因です。

 

さて、男性は女性とのセックスの際に、コンドームをしない方が増えています。
増えている・・・という言い方は語弊があるかもしれませんが、10代のコンドーム装着率は低いです。

 

理由は、「生の方が気持ちが良いから」というのが断トツの1位で、あとは「コンドームを着けるのがめんどくさい」というのも多く、避妊についての意識はかなり低いです。

 

事実、2010年に厚生労働省が発表した「10代の妊娠中絶手術」の数ですが、驚きの数字が発表されています。

 

手術

 

なんと、「1日56人」!

 

1日56人ですよ!
1ヶ月30日で計算すると「1680人」、1年で計算すると「20440人」となります。

 

もう一度言いますね、10代の中絶手術の数ですよ!

 

正直に言いますね。
私は本人たちはどうでもいいです。
わかっていてやっていることなのですから。

 

ですが、妊娠したということは、新しい命が芽生えたということです。
それを中絶により、お腹の赤ちゃんを失う・・・。

 

こんな悲しいことがあっていいのでしょうか。

 

また、先ほどは突き放しましたが、「後先考えてセックスしてほしい」という願いから、先ほどのようなことを書きました。
本心では、好きな人同士が結ばれ、愛し合うことは非常に素晴らしいことだと思います。

 

ですが、「生の方が気持ちがいい」とか「コンドームを着けるのが面倒」という理由は、本当に女性のことを考えているのでしょうか。
あまりにも自分本位過ぎると私は思います。

 

男性にとっては軽い気持ちかもしれませんが、女性にとって中絶は非常に「罪悪感」と「精神的」に悩まされます。
その重圧感を、あなたは責任を取ることができますか?

 

無責任な性行為は、本当にいいことはありません。

 

その点を理解したうえで、思いやりのある性行為をしていただければと思います。

 

Sponsored Link

 

コンドームの利用率低下の原因

 

使用率低下の原因

 

中だししたい男性は多いですが、責任が取れなければするべきではありません!

 

ですが、若い世代にとって避妊手段であるコンドームは、ある1つの壁があると推測します。
これがコンドーム離れの原因もなっているのではないか、と私は考えています。

 

それは「コンドームは高い」ということです。

 

社会人にもなれば・・・社会人になってもコンドームはそれほど安いものではありません。
それを学生時代に、一番盛んな時期に毎回購入するのはなかなか難しいと思います。

 

ここが一番の問題点だと思います。

 

とはいえ、コンドームは安くなるとは思えませんし、海外の安いものを利用すると破れるリスクが高くなります。

 

解決策としては2人でバイトをして出し合うのが理想ですが、今はものが溢れているせいか、コンドームの優先順位はそれほど高くありません。

 

また、”私・俺は大丈夫”と他人事のように思っている方が多いです。

 

ここを変えなければ改善されることはないと私は思うので、家庭と学校の教育がとても大事だと思います。