風俗 うがい薬

MENU

風俗で性病予防に利用されるうがい薬について

うがい薬

 

風俗に行かれたことがない方は知らないと思いますが、風俗で性病予防によく利用されるのがこの「うがい薬」です。
特にイソジンの確率が非常に高いそうですが、私の知る限り、イソジン100%です・・・。

 

さて、このイソジンなどのうがい薬は、本当に性病予防に効くのでしょうか。

 

答えは「No」です。

 

うがい薬はあくまでも風邪などの病原菌を殺菌・消毒してくれるものであり、性病を殺菌できるものではありません!
これは勘違いしている人が非常に多いんですよね。

 

もちろん、以前の私もそのうちの一人ですし、嬢もうがい薬の迷信を信じている子が多いですね^^;
もしかするとお店からそのように指導されており、それを信じている子も多いかもしれません。

 

また、結構メディアでデマ情報が広がっていたので、それも仕方がないとは思いますが・・・。

 

そもそも、性病に感染している場合、喉の奥に潜んでいるため、うがい薬では効果はなく、きちんと病院で薬(抗生物質)を処方してもらう必要があります。
抗生物質以外では治療することができませんので、喉に違和感を感じる方は必ず喉の検査をしてください。

 

 

性病は自然治癒しません。


 

うがい薬も感染していなければ風邪予防などにもいいのですが、、咽喉の性病は感染していても気づきにくいため、自分の症状に気がついていない人が多いのが現状です。

 

ただ、風俗ではキスやディープキスなどをすると思いますので、その前に口の中の細菌を殺菌するのはよいことだと思います。
が、どちらかが喉に性病の菌を持っている場合、相手に感染するので注意が必要です。

 

風俗で性病感染が多い理由は、不特定多数の人数と性行為をするためであり、どれだけ予防しても完全に防ぐことは不可能です。
ですから、常にリスクが付きまとうということだけは覚えておいてください。